私の父は、高校の時野球部の投手として甲子園を目指したそうですが、

1イイ! まだイイ!がありません。
Loading...Loading...
37 : 2012/11/23(金) 00:00:00

私の父は、高校の時野球部の投手として甲子園を目指したそうですが、
「地区大会の決勝で9回に逆転されあと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」と、
小さい頃良く聞かされていました。

そんな父の影響もあってか、私は小さい頃から野球が大好きで、野球ばかりやっていました。
父も良くキャッチボールをしてくれました。
そして私は、小学5年から本格的に野球を始め、高校に入った私は
迷わず野球部に入部しました。

ところが、高校入学と時を同じくして、父が病に倒れてしまいました。
その後入退院を繰り返し、高校1年の冬からは
ずっと病院に入院したきりになってしまいました。

父の体がどんどん細くなっていくのを見るにつれ、
なんとなく重大な病気なのかなとは感じました。
父は、病床で私の野球部での活動内容を聞くのを一番楽しみにしてくれていました。

そんな高校2年の秋、私はついに新チームのエースに任命されました。
それを父に報告すると、一言
「お前、明日家から俺のグローブ持って来い!」と言われました。

翌日病院にグローブを持っていくと、父はよろよろの体を起こし、
私と母を連れて近くの公園の野球場に行くと言いました。
公園に着くと父は、ホームベースに捕手として座り、
私にマウンドから投げるように要求しました。

父とのキャッチボールは、小学校以来でした。
しかも、マウンドから座った父に向かって投げたことはありませんでした。

病気でやせ細った父を思い、私は手加減してゆるいボールを3球投げました。
すると父は、怒って怒鳴り、立ち上がりました。
「お前は、そんな球でエースになれたのか!?お前の力はそんなものか?」と。
私はその言葉を聞き、元野球部の父の力を信じ、全力で投球することにしました。

父は、細い腕でボールを受けてくれました。
ミットは、すごい音がしました。
父の野球の動体視力は、全く衰えていませんでした。
ショートバウンドになった球は、本当の捕手のように、
ノンプロテクターの体全体で受け止めてくれました。

30球程の投球練習の後、父は一言吐き捨てるように言いました。
「球の回転が悪く、球威もまだまだだな。もう少し努力せんと、
甲子園なんか夢のまた夢だぞ」と。

その数週間後、父はもう寝たきりになっていました。
さらに数週間後、父の意識は無くなりました。
そしてある秋の日、父は亡くなりました。
病名は父の死後母から告げられました。
ガンでした。

病院を引き払うとき、ベッドの下から一冊のノートを見つけました。
父の日記でした。
あるページには、こう書かれていました。
「○月○日  今日、高校に入って初めて弘の球を受けた。
弘が産まれた時から、私はこの日を楽しみにしていた。
びっくりした。すごい球だった。自分の高校時代の球よりはるかに速かった。

彼は甲子園に行けるかもしれない。その時まで、俺は生きられるだろうか?
できれば球場で、弘の試合を見たいものだ。
もう俺は、二度とボールを握ることは無いだろう。
人生の最後に、息子とこんなにすばらしいキャッチボールが出来て、
俺は幸せだった。ありがとう」

■民間企業ヤマト

1イイ! 2 イイ! 
Loading...Loading...
502 名前:可愛い奥様 [sage] 投稿日 : 2012/09/28(金) 02:21:16.81 ID:iBYQ5nfC0

■民間企業ヤマト

たとえ猛吹雪の中でも定時に配達できるのはヤマトだけ。

離島だって見捨てないぜ!!

エコにも配慮した配達車を用意して


車以外もアイデアで使いまくる。


震災の時だって津波で流されながらも無事な荷物を探し、

営業所が大破しようと最速で復帰し、

避難所で荷物を待つ人の元へ走り、届けたクロネコヤマト


503 名前:可愛い奥様 [sage] 投稿日 : 2012/09/28(金) 02:39:07.40 ID:WGOueQU+0

>>502
鼻がツーンとするわ

507 名前:可愛い奥様 [sage] 投稿日 : 2012/09/28(金) 08:34:48.40 ID:plec3GZe0

>>502
すごい。
すごいぞヤマト。

508 名前:可愛い奥様 [sage] 投稿日 : 2012/09/28(金) 09:20:12.15 ID:6yis6ByX0

そういえば一昨年の暮れ、実家にヤマトで暮れと正月用にと荷物を送った時に記録的な豪雪で
あちこちの道路が通行不能になったんだけど、ちゃんと翌日に配達してくれてびっくりしたっけ。
その後、実家は二、三日停電で除雪車も来れず孤立したんだけど
私の送った食料を食べてしのいだと言っていたよ。

513 名前:可愛い奥様 [sage] 投稿日 : 2012/09/28(金) 09:48:14.91 ID:GcMYB62R0

>>502
笑った後で泣けた

518 名前:可愛い奥様 [sage] 投稿日 : 2012/09/28(金) 10:33:08.21 ID:LXqU/7Fi0

>>502
やだ…目から汁が…

523 名前:可愛い奥様 [sage] 投稿日 : 2012/09/28(金) 12:38:32.62 ID:gTqbGwSk0

>>502 下3枚 涙が出た。

551 名前:可愛い奥様 [sage] 投稿日 : 2012/09/29(土) 18:23:23.98 ID:PwvwxcSc0

>>502
泣けた・・・
いつも配達してくれるオッサンに優しく接してあげようとオモタ。

いい話かは知らんが、昔愛犬が死んだ時の話。

1イイ! 1 イイ! 
Loading...Loading...
18 : 2012/09/03(月) 17:50:16.22 ID:T2HMC6HZ0

いい話かは知らんが、昔愛犬が死んだ時の話。

長い事一緒にいて、いつ死んでもおかしくない位弱ってた。享年十七歳、長生きだろ。
飯をやりに出たら、よろけながら膝に甘えに来た。しゃーねーなってワシワシしてやったのを覚えてる。昔みたいに飛びかかってこなかったからかもな。
抱き抱えて毛布に寝かしてやって、ゴミ捨ててきたら冷たくなってた。
ゴミ捨てるのに一分か二分しかかかってなかったのに本当に冷たかった。どう考えてもかなり経ってる感じ。
春の矢先で寒かったけど、ワシワシした時あったかかったのに。そんなすぐ冷えるもんなのかな?

最後に甘えてくれたんだと思ってる。

俺のカミさんはコロンビア人、いわゆるワルい不良外国人と言われているタイプの外国人です

1イイ! 6 イイ! 
Loading...Loading...
6 名前:可愛い奥様 [sage] 投稿日 : 2012/08/19(日) 12:39:28.21 ID:nFHJ/vu8i

俺のカミさんはコロンビア人、いわゆるワルい不良外国人と言われているタイプの外国人です
(以前はいかがわしい仕事をしてたけど(笑)今は食品加工のバイトをしてちゃんと税金を払ってるから元ワルですね)
彼女はまともな教育を受けて育った人ではない、貧しかったからたぶん小学校しか行けなかったはずです

今まで俺から彼女に天皇陛下や皇室の事を話した事はなかった
そんな彼女でさえ韓国大統領の今回の発言をスペイン語の新聞を読んで知った時に
普段は大人しい日本人が見せたのと同じ反応をしたから驚いた

彼女は俺に、エンペラドール(陛下)さんは日本人の心と同じでしょう?
彼は権力者ではない、日本人はエンペラドールの心を愛してるの
エンペラドールは日本の男の良い心、エンペラドーラ(美智子さん)は日本の女の良い心と同じ
彼は神様じゃない、ジーザスやブッダと同じ心の綺麗な人、あなたわかる?

それを悪い言葉で侮辱されたらエンペラドールがかわいそう
エンペラドールを侮辱するのは日本人の心を侮辱されたと同じだからみんなが怒るの
でも怒ってるだけじゃない、本当はみんな凄く心が悲しい
綺麗な心を汚れた人間にノーと言われたから凄く心が痛いの、あなたわかる?と言ったまま急いで着替えて外出した

帰ってきた時、どこで見つけたのか両陛下のまったり笑っている写真と立派なアンティーク風の額縁を持って帰ってきた
(かっこいい額縁は写真屋さんが両陛下の写真を飾るならこれがいい、持っていきなさいとプレゼントしてくれたそうです)

それから凄いスピードで家の隅々まで掃除をした(南米女性はなぜか掃除好きだから家の中はわりと綺麗ですが)
そして最後に壁に飾った両陛下の写真を撫でながら話しかけたり歌をうたってなぐさめていました
驚いたのは、普段はプライドの塊のような強いコロンビア女性がその時は涙を流していた事です

何かとても大切な事を普段はデタラメなカミさんに教えてもらいました

大学が決まり一人暮らしの前日の日

1イイ! 2 イイ! 
Loading...Loading...
18 : 2011/12/20(火) 01:26:57.56 ID:5g7OOF/30

大学が決まり一人暮らしの前日の日
親父が時計をくれた。
金ピカの趣味の悪そうな時計だった。
「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」
そういってた。

二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。途方にくれていた時。
ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。
紛れもない偽者であることが判明した。
すぐに親父電話した。

俺「おい!偽者子供につかませんなよ!」
親父「なっあてになんねーだろ人のゆうことなんざ。困った時にこそ裏切られるんだよ
   最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。」
親父「でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」
俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」
親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。金がない理由は親にいえない事が多いわな!」
親父「がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」

正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。
今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。
そんな親父も去年の夏、ガンで死んだ。往年の面影も消え、ガリガリになった親父が
また時計をくれた。まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。必死で笑顔を作りながらいった。

親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」
オメガのシーマスターだった。くしくもその日は俺の誕生日だった。

俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れないよ。」
二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・・
親父が死んだ今も、金ピカの時計はメッキもはげたがまだ時を刻んでいる。