小学校の時、何か(よく覚えてない)をペンキで塗ろうとしてスプレーのペンキを

1イイ! まだイイ!がありません。
Loading...Loading...
293 名前: 名無しを極めて注意深く注視しながら見守っていきたい 投稿日: : 2010/10/01(金) 18:12:21 ID:YRVxUbh.O

小学校の時、何か(よく覚えてない)をペンキで塗ろうとしてスプレーのペンキを買ってきた。
しかし、なんかスプレーを使い慣れていないのでうまく塗れない。
スプレーより刷毛で塗った方がいいような気がしてきた。

子供ながらに考えたのはスプレーの中にはペンキの液体が入っているのだから、
それをこのスプレー缶からなんとか出して刷毛で塗ろうと。
迷わず、台所にいき、取り出してきたのは缶きり。
裏から缶詰めのように開けたら楽勝♪

ブシっと刃を刺すとすごい勢いで私の手から離れ、ペンキをまき散らしながら部屋中を
カーン!ゴン!ガッガーン、ゴン、ガン!カーン!カン!ゴゴン!ゴン、ガン!カーン!
とテーブルや水屋や冷蔵庫にぶつかりながら、スプレー缶は飛び回りました。
どうすることも出来ず、、、立ち尽くす私。
ようやく収まった時は台所は真っ赤になってました。

「ピコピコ、ガスが漏れてはいませんか?ピコピコ、ガスが漏れてはいませんか?ピコピコ、ガスが漏れてはいませんか?」
空しくひびくガス警報機のおねいさんの声・・・。

その直後、帰って来た母は真っ赤な台所にこれまた、真っ赤になった私を見て悲鳴をあげてました。
修羅場だったと思います。

投稿日: 作成者: カテゴリー: 笑えるコピペ タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。