全盛期の金正日様

1イイ! まだイイ!がありません。
Loading...Loading...
299 :名無しですが何か?: : 2012/01/07(土) 21:53:40 ID:p4YRyHxyUk

全盛期の金正日様

・正月を祝福して無数の鶴が舞う。龍まで飛んでた

・交響楽団の演奏で一人の楽団員のミスを一瞬で聞き分け適切な指導を行った

・遊園地のジェットコースターを試乗した時に熟練技術者さえも気づかないわずかな異音を察知して事故を未然に防いだ

・檀君の墓は今まで見つかっていなかったが、将軍様が勘でこの辺を掘れと命じたところ、一発で見つかった

・国防総省のスパコンで「金正日」と検索したところ、スパコンが「アメリカは 滅亡する!」と警告を流したまま止まらなくなった

・しかも電源入ってない状態だった。今ももちろん止まらないので米国国防省の奥深くに国家機密として安置されている

・金正日が生まれたとき、白頭山に流星が落ちた(そのため将軍様のあだ名は『白頭山の息子』)

・その流星を見た抗日レジスタンスたちが金正日誕生を一瞬で察知し、喜びを歌にしてそこらの松の木に書き綴った。その歌は近年発見され、北朝鮮労働党によって保存されている

・空間距離を制御する奥義『縮地法』が世界で唯一使える

・天馬を飼っているので全国を一瞬で視察に訪れることが出来る

・初めてゴルフに行って7700ヤードのコースで全コース最悪でもバーディー、11ホールインワン、38アンダーの34という好成績を達成

・しかも11ホールインワンを達成した瞬間、小鳥は啼き、馬は嘶き、魚は200匹近く池から飛び出て、白鳥が一羽飛び立った
・三歳のとき、銃で二十発二十中を達成。五歳から漢詩を嗜む。五歳から父親の創った漢詩を書き写して父を喜ばせる

・末期癌の老人に「長生きしてね」と声を掛けたら癌が完治した

投稿日: 作成者: カテゴリー: 笑えるコピペ タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。