最近追加した記事

世界の7つの真実

1イイ! 6 イイ! 
Loading...Loading...
8 : [] :投稿日 : 2013/03/01 21:15:28 ID:23I/TZpeO

世界の7つの真実

1. 目には石けんを入れることはできない。
2. 髪の毛の本数を数えることはできない。
3. 舌を出したままで鼻からは息をできない。
4. ちょうど3を試したでしょ。
5. 3を試したとき、実はできる、と分かっただろうけれど、その時あなたは犬みたいに見えてたはず。
6. あなたはだまされたと思ってちょうど今笑ってるはず。
7. 悔しいから仕返しにこのレスをコピペ。

小学生の時、自転車で空き地に突っ込んだら、

1イイ! まだイイ!がありません。
Loading...Loading...
460 : 名無しさん@13周年 [sage] : 2013/02/23(土) 13:10:19.43 ID :l99x9sL20

小学生の時、自転車で空き地に突っ込んだら、
首の高さにあった鉄線が首にヒットして、
「ジャッキーチェンに倒される敵」
みたいな感じで後ろに吹っ飛んだ。。。
鉄線が錆びてて地面と同色で見えなかったの。。。
後続を走っていた友達が、
「むらちゃんだいじょうぶ?(´・ω・`;;)」
ととても心配してくれた。
ビックリしたのと衝撃がすごかったけど、
首をすりむいただけでたいした怪我にはならなかった。
その日も普通に遊んで帰った。

ただの鉄線だったからセフセフ!
有刺鉄線だったら、俺は多分、動脈を切って死んでたと思う。。。
そういう事の積み重ねで、人は注意深く生きていけるようになるんだなぁと思う。

はーい残念でした私このスレ埋めまーす

1イイ! 2 イイ! 
Loading...Loading...

997 名前:名無しさんの野望 投稿日:04/12/1515:20:40 ID:ZsIDaj2j
はーい残念でした私このスレ埋めまーす
5

998 名前:名無しさんの野望 投稿日:04/12/15 15:20:43 ID:ZsIDaj2j
4

999 名前:名無しさんの野望 投稿日:04/12/15 15:20:46 ID:ZsIDaj2j
3

1000 名前:名無しさんの野望 投稿日:04/12/15 15:20:51 ID:ZsIDaj2j
2
間違えた

1001 名前:1001 投稿日:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

痴漢と言えば、助け方も色々なんだよな。

1イイ! 1 イイ! 
Loading...Loading...

732:本当にあった怖い名無し [sage]
痴漢と言えば、助け方も色々なんだよな。
昔、すげーかくいー、硬そうな初老の人が女子高生の助けに入った傍に居た事がある。
その御仁、痴漢の後にぴた~って張り付いてな、痴漢の尻撫で回したんだ。
痴漢されてる子じゃなくて、痴漢の方だぞ。助けに入ったんだから当然だが。

「気持ち悪いかね?君がしている事は、こう言う事なんだよ」って耳ふ~しながらな。

すごく不思議な体験をしたことがあります。実話です。

1イイ! 1 イイ! 
Loading...Loading...
928 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: : 2002/12/16 20:22

すごく不思議な体験をしたことがあります。実話です。

三年前の夏の夜、京都の宝ヶ池公園という場所で、当時のバイト仲間たちと
飲み会をしていたんです。イイ感じに酔っ払った私は、友達のバイクを借りて
無免許なのに池のまわりをぐるぐる走ってました。

すると、ふとした拍子に道からそれて林の中に紛れ込んでしまったのです。
足場が悪く、道らしい道もなくなり、私は転倒してしまいました。
ふくらはぎをマフラーで火傷し、ひざからはたくさん血が出ていました。
まわりは一面 木、木、木。
やっとバイクを起こして、エンジンをかけようとしてもなかなかかかりません。
ひとりだし、怪我してるし、友達のバイクは壊れてしまったし、ここがどこか
わからず、ひどく遠いところに来てしまったようだし、もう泣きそうな時に
彼があらわれたのです。

上半身を赤い縄で亀甲縛りにした、はげのおじさんが。

どこからともなくスタスタと駈け寄ってきて、「大丈夫か?」
と声をかけてきました。わたしは最初、ジョギングの人かと
思ったのだけれど、そんな森の中、亀甲縛りで走ってるなんて
あきらかにおかしいです。
わたしはひたすらうなずいて、強気に「大丈夫!」と言いました。
すると彼は「そうか、」と走り去りました。

混乱した私は、そこからはもう根性で、バイクはおいて一人でひたすら
歩き、林を出て道路沿いのプールバーまでたどりつき、そこの従業員の
お兄さんがたに助けを求めて、車でみんなのところまで連れて行ってもらいました。

不可解な出来事でした。
妖精でしょうか?