スーっとするかは別として武勇伝、DQN成分マシマシで

1イイ! 2 イイ! 
Loading...Loading...
948 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/19(水) 04:17:55.35 ID:7CYfylDn

スーっとするかは別として武勇伝、DQN成分マシマシで

小学生の頃から近所の道場に通ってたんだが、そこの先輩たちがみんなヤバかった(DQN的な意味で)
もの凄い笑顔で組手、殴っても殴られてもニコニコ楽しそうな真性DQNの人達だ
毎日「人を効率的にボコるには」とかそんなことばっかり考えてるような連中の中に、一人だけまともなA先輩が居た
見た目はキテレツの勉三さんでヒョロヒョロ、喋り方も教え方も丁寧で、下からは好かれつつも若干嘗められている、そんな先輩だった

中学生くらいの頃には体格でもう俺のが上になっていたので、「本気でやったら勝てそうだな」とか思ってた

高一の時かな、地元のゲーセンで遊んでたら友達が他校生に絡まれた
相手は二人組だったけど、当然『やっている側』の俺としてはもう「折角の実力を試す機会ktkr!!」となって割って入ったんだけどこれが失敗だった
相手は地元でも有名な不良校の奴らで、まあ見事にボコにされたわけ
ビエデオゲームコーナーの端で死角になってるせいで助けも望めないし、こんな状況なのに店員さえ見かけない
んでもう「殺されるかも」って思ったときに「あれ、○○くんどうしたの~?」と声が

A先輩だった。

「大丈夫?立てる?」と声をかけてくれる先輩に不良どもは「なんだてめぇは!」と威嚇
「まぁまぁもうこの位で勘弁してあげなよ」とかA先輩が言ったことで更にヒートアップ
最初にA先輩のビジュアルは勉三さんって書いたけど、そんなのに若干上から諭されたら切れるよね

A先輩の胸倉を掴みながら威嚇・恫喝をする不良B
俺はもうA先輩終わったと思った
その瞬間不良Bの顔面がゲーム機に突っ込んでた、俺は生まれて初めてブラウン管が粉々になる瞬間を見た
それを見て奇声をあげながら殴りかかる不良Cをすかして顔面に一発入れるA先輩
そのまま胸に一発、前かがみになったところに顔面にヒザ、と無双状態
最後は不良Cが泣きながら許しを懇願してた

これもまた後で知った話なんだけど、A先輩は道場でも有名な『不良キラー』で、弱そうな見かけで不良を釣ってはボコにしてたと他の先輩に聞いた
「いやぁ~、正当防衛っていいよねぇ」と言ったA先輩の笑顔は、俺の良く知ってる真性DQN達よりも邪悪なものだったよ・・・

日曜に親父が洗車をしていたんだが、若いカップルが乗った一台の車が通りかかり、

1イイ! 1 イイ! 
Loading...Loading...

日曜に親父が洗車をしていたんだが、若いカップルが乗った一台の車が通りかかり、
「おい、○○(観光地名)はどっちだ」とぶしつけに聞いてきたので、
「そこ曲がって5分で着く」と親父はぜんぜん反対方向を指して適当に教えた。
親父いわく「人にモノ尋ねるのにあの態度はなんだ」と言ってた。

見事に乱れたバーコードの酔っ払いが親子連れにからんでるのを目撃。

1イイ! 4 イイ! 
Loading...Loading...

今日夕方、仕事帰りの電車の中。
見事に乱れたバーコードの酔っ払いが親子連れにからんでるのを目撃。
まだ若いお母さんと、ひざの上に少年ガンガン広げて読みふけってる中坊の二人連れ。
二人ともしばらくは華麗にスルーしていたが、酔っ払いのほうがだんだんエスカレートしてきてでかい声でわめきだす。
あまりひどいようなら人を呼ぼうかと思って見ていたが、
お母さんのほうもいいかげん我慢できなくなったのか、酔っ払いに向こうに行くように追い払おうとしだした。
それで逆上して酔っ払いが今にも掴みかからん勢いでわめきだした。
止めに入ったほうがいいかと思ったその時!
坊主が広げてたガンガンをバンッ!と閉じる。
右手でおもむろにガンガンを振り上げ、華麗に決めゼリフ!
「一撃必殺!エニックスハンマー!!」
ガンガンの底を酔っ払いの顔面にクリティカルヒット!!
酔っ払いのほうは顔を抑えてうめき声をあげ親子連れの反対側にうずくまる。
そこに、誰かが呼んだらしい乗務員登場。
次の駅につくまでその場で尋問され、駅につくとどこかに連れていかれてしまった。
発車と同時にお母さんのゲンコが炸裂し、すごい勢いで(二言、三言だったけど)坊主を叱りつけた。
きっと帰ってからもこってり怒られたことだろう。
坊主、お母さんの言うとおりさっきの行動はちょっといかんぞ!だが、あえてGJだ!!
前からガンガンの厚さは凶器になると言われてきたが、まさか本当に鈍器として使われる現場に出くわせるとは・・・
いや、そんなことより中坊の技名のセンスがwwwww

武勇伝という程ではないけれど、父と車で買い物に出たときの話。

1イイ! 3 イイ! 
Loading...Loading...

武勇伝という程ではないけれど、父と車で買い物に出たときの話。
家を出て数百メートル進み、赤信号で停止。
前は白いファミリーカー。
運転席からヒョイと腕が出て、空き缶を見事なポイ捨て。
道端にポイ、じゃなくて、孤を描いてポーイと、道沿いのお宅の敷地内めがけて。
飛距離が足りなかったらしく、缶は囲い壁に当たって跳ね返り、
コロコロとうちの車の傍まで転がってきて、運転席ドアの下あたりで停止。
酷い事するなぁと腹立たしく思っていると、父が無言でドアを開け、その空き缶を拾い上げて私に渡しました。
クズ入れに入れようとすると、「持ってなさい」だって。
?と思いながらもそのままでいると、信号が変わり車が発進。
幹線道路への合流交差点で、前の車は左折のウィンカー、
私達は右を出して、狭い2車線で並んで停止。
隣の運転手を見ると、頭が剥げて黒ぶちの眼鏡をかけた結構いい年のオジサン。係長クラス?って感じ。
何粋がってんだか、窓を開けてドアに腕かけて運転してます。
こんないい大人がアホな事するなんてね・・・と、遠慮なくジロジロ見てると、父に呼ばれました。
振り向くと、とってもいい笑顔で、「落し物、返してあげなさい」だって。
私も「はーい」といいお返事で、助手席の窓を開けて、「落としましたよ」と隣に缶を戻してあげました。
にょっと手を出しておっさんの顔の前に缶を突き出すと、Mrオクレが意表を突かれたような顔でこっち見てました。
手を引っ込めたところで信号が変わり、父の車は右折。
ポイ捨て親父はタイミングを逃し、後ろの車にクラクション鳴らされてたっけ。
個人的に胸がスーッとしたし、何年かぶりで父と腹の底から笑えたので、私にとってはいい思い出です。
ささやか過ぎてごめんなさい。

この前偶然にも、5~6人の学生が一人を殴る蹴る、鞄の中をぶちまけるなどのいじめ行為をしているところを、

1イイ! 4 イイ! 
Loading...Loading...

この前偶然にも、5~6人の学生が一人を殴る蹴る、鞄の中をぶちまけるなどのいじめ行為をしているところを、
目撃しました。
自分としては放っておく訳にも行かないので鞄から唯一武器になりうる折り畳み傘を装備し、
いざ止めようとしたときです。
そいつらの向こう側数メートル先に、チンピラっぽい人を発見。
仁王立ちし腕を組みながらそいつらを睨んでいました・
そして学生等も数人視線に気付き手を止め、全員の視線が集まった時、チンピラっぽい人が口を開きました。
「どうした?続きを始めたらいいだろ?オレがそれを見て不機嫌になると思わなければな!」と、
凄みのある声で一括。
さすがにびびったらしく、殴られてたやつまで仲良く退散。
かなり男らしい人でした。
そしていい男なのでちょっと後をつけたら大人のおもちゃの店へ。
やっぱり男らしい人でした。