西ドイツのブラント首相のことを言ってるつもりだろうが、彼は戦争の謝罪はしていない。

1イイ! 1 イイ! 
Loading...Loading...
190 : 2012/09/02(日) 08:57:01.47 ID:cX6ZEtEE0

>>5
西ドイツのブラント首相のことを言ってるつもりだろうが、彼は戦争の謝罪はしていない。
ブラントがひざまずいたのは、『ワルシャワゲットー記念碑の前』。
「ワルシャワゲットーの蜂起(1943)」では、ユダヤ人5600人のうち1400人が戦死、
残りは強制収容所で殺された。
※ポーランド人がソ連軍の援助を期待して立ち上がったけど見捨てられた
 「ワルシャワ蜂起(1944)」は、これとは別の事件。
ポーランドは戦後、中世以来ドイツ領だったシュレジエン・ポンメルン・東プロイセンを併合し、
ドイツ人を追放した。ブラントはこのことを非難している。戦争に対する謝罪ではない。

そもそも当時のポーランドではブラントの謝罪を「報道すら」していないわけで、
「ブラント首相が謝罪して全世界の人々が感動し…」とかいう話は韓国人の妄想。

ちなみにポーランドの場合、独ソ両国によって600万人を超える民間人が犠牲になったが、
一方、日本は朝鮮に軍事侵攻したことも全くないし、朝鮮半島を戦場として
どこかの国と死闘を繰り広げて多数の朝鮮人を死なせたこともない。
ましてや、日本は朝鮮でユダヤ人虐殺のようなことは全くしていない。

もっと言えば、ドイツの『軍事侵攻』によってドイツに併合されたオーストリアは、
僅か6年の併合期間だったが、戦後になって
「ナチスドイツの共犯者の国でもある」と自ら認めて謝罪している。

日本と朝鮮の場合は、軍事行動なしで双方合意の『条約』によって併合が成立し、
日本の財布で朝鮮半島にダムも発電所も学校も上下水道も作ってもらって
日本の軍事力でロシアから守られながら35年も世話になったのだから、
もしも朝鮮人が日本に戦争責任があると言ってドイツを引き合いに出したいのなら、
『朝鮮(韓国)自身も戦争責任を認めなければ』ドイツとの対比すら成立しない。

適当に連想したイメージを都合よく加工・抜粋・歪曲しないように。

投稿日: 作成者: カテゴリー: 考えさせられるコピペ タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。